うたびより

管理人が妄想と鼻歌により作詞作曲したオリジナル曲を公開中。

【オリジナル曲】Kyrie

 ※旧ブログからの移行記事です。新曲ではありません※

 

神様ってホントにいるのかな 君がふと呟いた
ほんの小さな絶望を知った夕暮れ 夏の終わり

だけど 今の僕らにとっては 高く大きな壁で
君の透き通る頬に流れる涙を ただ見つめてた

僕たちは まだ この世界の一億分の一も知らなくて
掌の中握りしめた未来を 大事に大事に持て余してる

Kyrie eleison
ねえ 神様 そこにいるのなら教えてほしい
この胸を切り裂くほどの痛みにも 何か意味はあるのか
Kyrie


優しさって弱さのことかな 君は俯いたまま
僕には答えられない問いを投げかける 陽は落ちていた

何も見えない目が欲しいと 何も感じない心が欲しいと
願っては また温もりを求めてる 矛盾ばかりの幼い僕ら

Kyrie eleison
ねえ 神様 あなたが世界の創造主なら
僕らが生まれた意味も理由もあると言ってよ
導いてよ


賢くならなくちゃ 強くならなくちゃって
決めつけられたレールをただ走ってる
哀れな子羊が空から見えるだろう?
ねえ 神様 道を示してよ

Kyrie eleison
ねえ 答えて 僕の苦しみや君の悩みは
争いや飢えに怯え暮らすことよりも
ちっぽけでくだらないのか
Kyrie eleison
ねえ 神様 そこにいるのなら教えてほしい
僕らが生まれて そして
これから生きていかなくちゃいけない意味を
Kyrie...


「Kyrie」の曲(MIDI) クリックしてください


【作った時期】2014年
【構成】AA'BS A'BS' C S'S''
【お気に入り度】★★★☆☆

「Kyrie eleison」はラテン語で「主よ、憐れみたまえ」。
キリスト教のミサで歌われる鎮魂歌(レクイエム)の中に出てくる一節です。
(私はキリスト教徒ではありませんので、不適切な表現があればお詫び申し上げます)

最近明るい曲ばかり作っているので、
たまにはネガティブな曲を・・・と思って書いた詞です。
私はもういい年なので達観してますが、
若い頃はいろいろ悩んだなーと思い出しながら作りました。

曲は全体的に派手なメロディではなく、音階も低音ばかりですが、
Cメロはなかなか印象的かなと思います。
でも楽譜に起こすまで、
こんなに難しいリズムの曲だとは思いませんでした・・・。
鼻歌で歌ってる時は全然わからないんですよね。
リズム感、あるのかないのか・・・(^_^;)

 

にほんブログ村 ポエムブログ 自作歌詞へ
にほんブログ村 音楽ブログ 作曲へ
にほんブログ村 音楽ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ