うたびより

管理人が妄想と鼻歌により作詞作曲したオリジナル曲を公開中。

【オリジナル曲】四月の雨

 ※旧ブログからの移行記事です。新曲ではありません※

 

君が嘘をついた これで何度目だろう
ずっとそばにいたから 瞳 見ればわかる

君がついた嘘をひとつひとつ数えて
気がつけば 時計の長針(はり)は
ひと回りしてた

揺れる心の中 降りつもる白い花びら
このまま流されて 2人 何処へ辿り着くの
君の後ろ姿 春の雨のような花びら
瞳に焼きついた 醒めない夢のように


君が笑ったのは今日で何度目だろう
そばにいても 心は なぜか遠回りばかり

君の瞳の中 映っていたのは花びら
お願い恋よ そんなに散り急がないで
君の肩を濡らす 四月の雨は花びら
瞳に焼きついた 春の日の幻


君が嘘をついた これで何度目だろう
叶わない想いなら せめて夢の中へ
君と夢の中へ…

揺れる心の中 降りつもる白い花びら
このまま流されて 2人何処へ辿り着くの
君の後ろ姿 春の雨のような花びら
瞳に焼きついた 醒めない夢のように
君の肩を濡らす 四月の雨は花びら
瞳に焼きついた 春の日の幻

「四月の雨」の曲(MIDI) クリックしてください

【作った時期】2000年頃
【構成】AAS AS A'SS'
【お気に入り度】★★★☆☆

これも高校生の頃に作った曲。
歌詞は移り気な恋人の心を、すぐ散ってしまう桜の花に例えた内容になってます。
当時授業で古典とか日本史とか習っていて、
和風なものに凝っていたのでこんな歌を作ったんだと思います。

私は主人公は女性のつもりで書いたのですが、
歌詞の中に一人称が一回も出てこないので、
主人公が男性の歌として読んでも面白いですね。

曲も和風な感じにしたかったようです。

ご意見ご感想をいただければ嬉しいです。

 

をいただければ嬉しいです。

 

にほんブログ村 ポエムブログ 自作歌詞へ
にほんブログ村 音楽ブログ 作曲へ
にほんブログ村 音楽ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ